あれ?手が止まるのは

冬休み中は、年明けからの図工の試作を進めていたり、図工室のみんなにイメージを深めてもらうための素材を集めたりしています。

いつもより心がのんびりとできていて、(自分のこども達を学校に送り出す準備が必要ない連休は、親の私もとても気持ちがゆったりできています😉)自宅の犬の散歩を、景色のいい公園まで行き歩きながら、子ども達と走り回りながら、頭の中を整理しながら。

ある試作を作っていて、どうも次へと制作がのりません。時間がないからかな、などと思いながらも、読みたかった本はスムーズに読み進めています、あれ、おかしいな。

私が試作して手が止まるなら、きっと子ども達も止まるポイントなのでしょう。横で見ていた娘がいいました。「うわー、これ作りたい!私だったらウサギ(彼女の1番好きな生き物)の形にするかなぁ。」

はっ、そうだ。つい、まずは試作だからと、ドストレートな分かりやすいモチーフを選んでしまった、、!(いや、作ってみたいなと思ってはいたものをちゃんと選んだはずだけど。汗)私はこれが好きだ。ヘンテコでゆかいだ。私はおもしろいと思う。これが表現したいんだ!という情熱、それを私がやらなくて、どーするのー!

形作ったままの、未完成な試作はまだ、机の上から、少しカラカラに干からびながら、私を眺めて待っている。ワクワクしないと、思考は止まる。指導書などの資料をいくら読んでも、試作からしか分からないことはいっぱい、ある!汗

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL